ニュース・お知らせ

菅野 敦 教授/教育実践研究支援センター(特別ニーズ教育支援部門)

自己紹介

北海道出身。大学卒業後、知的障害養護学校で教員として勤め、その後、辞職し大学院へ入学。知的障害の学習や発達に関することを学び、研究するのが目的でした。その後、本学に勤務、所属は当時我が国で唯一の障害児教育に関する研究所、特殊教育研究施設(現:教育実践研究支援センター)でした。本学でも一貫して知的障害、なかでもダウン症候群を対象に、乳幼児期から成人期までの発達特性及び、各ライフスパンにおける発達課題の解明を行ってきました。さらに、そこから得られた知見をもとに、「生涯発達支援」の視点から具体的な指導内容を明らかにし、指導のための方法や教育課程の研究をめざしています。社会的な活動として、日本発達障害支援システム学会会長、日本発達障害学会副理事長・編集委員長、日本特殊教育学会常任理事・常任編集委員等を務めています。


メッセージ

私は、長年の障害者に関する研究から「生涯発達支援」という視点が重要であると考えています。生涯発達支援とは、「人は生涯を通して発達している存在です。そのなかで各ライフステージには、幼児期には幼児に、学齢期には学齢児にとって、まさにその時期、育てなければならないこと、経験しておかなければならないことがあります。幼児期や学齢期、青年期、成人期等の各ライフステージは、それぞれの課題や経験に取り組む生涯において唯一の時期です。そこで、将来をみすえて今、その時期の課題を精一杯に支援すること」が重要です。学生の皆さんも、教育・支援に関わるとき、今、目の前にいる方々を少しだけ距離を置いて見、将来に向けた今の教育・支援を考え、実行してください。
そのために、皆さん自身も、この時期に学ばなければ・経験しなければならないことを是非、極めてください。


このページの先頭へ戻る