ニュース・お知らせ

小林 巌 教授/教育実践研究支援センター(特別ニーズ教育支援部門)

自己紹介

私の専門は「視覚障害」、および「特別支援教育におけるICT(情報通信技術)活用」の2点で、これらを中心にした教育研究活動を行っています。「視覚障害」については単一の視覚障害のみならず、視覚障害と他の障害を併せ有する重複障害も含め幅広く検討しています。「特別支援教育におけるICT活用」に関しては、コンピュータ等を用いた学習教材の設計開発から、実際に教育現場での教材活用の実施に至るまで、ICTの活用について実践的に検討しています。


メッセージ

上述した私の研究内容や専門は、本学C類の教育カリキュラムの中ではあまり詳しく扱われている状況ではないものですが、「視覚障害」は、わが国の障害児教育の中で長い歴史を持つ分野の1つといえるものですし、一方、「特別支援教育におけるICT活用」の方は、最先端の科学技術の教育的な活用法を検討するもので、社会的にも注目を集めている分野です。このように、「特別支援教育」は、学生の皆さんが想像するより幅広い内容を含む分野であると思います。そのため、大学生活の中で、幅広い物の見方や、様々な経験を積まれると将来役立つものが多いかと思います。積極的に様々な取り組みや活動等に取り組んでいただき、充実した学生生活を送ることができるよう期待しています。


このページの先頭へ戻る