ニュース・お知らせ

「ふれる・もつ・かんじる展」を開催します。

2015年12月03日

国立精神・神経医療研究センター病院内の院内学級と東京学芸大学美術科洋画研究室、
特別支援教育教員養成課程(C類)村山研究室の学生との交流の成果として作品展を行います。
今年度は東京都立清瀬特別支援学校中学部の作品展示もあります。
入場無料です。みなさまのご来場をお待ちしております。

※「ふれる・もつ・かんじる」は、武蔵分教室で行っている障害の重い子どものための授業の名称です。
※なお、この展覧会は、東京学芸大学平成27年度地域連携推進事業の一環として開催されます。

【日時】平成27年12月6日(日)〜18日(金)
    午前10時〜午後5時(初日は12時から 最終日は午後4時まで)
【会場】東京学芸大学 芸術館
【主催】東京都立小平特別支援学校武蔵分教室
    東京学芸大学洋画研究室 特別支援教員養成課程(C類)村山拓研究室
【ワークショップ】
12月6日(日)  13:30〜14:30「音楽活動など」
        16:00〜16:00「美術活動など」
12月13日(日) 15:00〜16:30「あおぞら遊園地」(学芸大学生企画)

リンク(チラシがダウンロードできます)
http://www.u-gakugei.ac.jp/eventc/2015/12/post-113.html

The exhibition "Touching, Holding, and Feeling" will be held in Tokyo Gakugei University (TGU),
co-hosted by Kodaira Special Education Branch School in National Center of Neurology and Psychiatry (NCNP),
Laboratory of Western style painting
and Murayama laboratory in the Department of Special Needs Education in Tokyo Gakugei University.

This exhibition is open to public and admission free.

Date: Sunday 06, December - Sunday 18, December, 2015
Time: 10:00-17:00 (06th, Dec. 12-17, 18th, Dec.10-16)

※"Touching, Holding, and Feeling" is a name of the joint subject of arts activities
for the multiple and severe handicapped in Kodaira Branch School.
※This exhibition will be held as a part of
the project for promotion of regional partnership by Tokyo Gakugei University.

このページの先頭へ戻る